チャートと売買比率の両方を見れるヤフーで、豪ドル円の売買比率を
チェックしています。勢いのない動きで下げていて、
売り買いのバランスは一体どうなってるんだろうと思ったからです。

すると、買いも売りもどちらも50%と同じ比率でした。
売りと買いの力が拮抗しているレンジ相場のような比率になっています。
売りのほうの比率が増えてきたら参戦を考えてもいいかもしれません。
どちらにも傾いていないという事は、はっきりしていないという事なので、
分かるまで待ちます。現在は取引を止めて、今後の動きを想像しています。

豪ドル円は93.30円にオプションが設定されているみたいなので、
近づいてきた場合抑えられて再び93円近い位置に押し戻されるのでは
ないかと思っています。もし近づいてきた場合、勇気を出して売りを
持ってみようかと思っています。
本日の欧州時間では大事な指標はなしですから、
ちょっとやりにくいかもしれません。ニューヨーク時間では
アメリカの指標がいくつもあるので、結果によっては米ドル円が
動きやすくなると思います。