FXの裁量取引はトレーダーによってもまちまちですが、
一般的には為替レートのチャートを表示させて、
トレーダーが得意なテクニカル指標を使って
テクニカル分析を行い、タイミングを計って手動で
注文を出すことが多いです。

FXトレードの仕方には、超短時間で売買を繰り返すスキャルピング、
一日でトレードを完結し翌日に持ち越さないデイトレード、
2日から10日ほど保有するスイングトレードなど
いろいろな方法があります。

どの方法でもトレーダーが投資を行うタイミングが重要で、
間違った判断をすると損失が膨らんでしまいます。

トレーダー自身の経験でトレード手法を編み出したり、
ほかのトレーダーが公開している手法を真似したり
改良を加えたりと、FXトレードを成功させるには
いろいろな工夫が必要になるでしょう。

FXトレードはFX会社に口座を開設すると
行えるようになります。

FX会社によって特徴がまちまちなので、
自分自身のスタイルに合ったところを選ぶと良いでしょう。