FXでは、裁量取引やシステムトレード、
MetaTrader4やMetaTrader5(チャートソフト)のEAや
インジケーター等様々な物を用いた取引の仕方があると思います。

しかし、どんな取引方法を使ってFXの取引を行うにしても、
その取引の元のロジック考えているのは血の通った人間なので、
FXの取引は、人間が行っていると言っても言い過ぎではないと思います。

しかし、システムトレードでは、プログラムを組んだ人間の
思い通りにしかFXを取引するプログラムが作動しないために、
一方方向に為替が急激に動くときには、右へならえで誰も彼も
同じ取引をするので、それによって為替相場で為替が
一時的にありえないくらいに上がったり、下がったりする場合が
あるようです。この点は、FXでのシステムトレードの弱点だと
いう人もいるかもしれません。

しかし、そのような暴力的な一方方向に動く為替相場の展開は、
一ヶ月に一度どころか、通年に一度くらいしかないと思うので、
そのようなことはあまり気にしないでFX取引をしていきたいと思っています。